スタッフ紹介
Q事業規模を教えてください。
現在はハウス27棟、地元雇用の従業員11人で小松菜、水菜、ナス、流行のパクチーなどを全て有機JAS規格に基づき育てています。中でも糖度が高く、エグみが少ない小松菜が自慢です。
今は量販店等への出荷が中心ですが、スムージー用として都内のレストランやバーなどへの出荷も計画中です。「有機農産物を適正価格で安定供給」を第一に生産しています。
Q「土づくり」へのこだわりを教えてください。
就農は2015年1月ですが、最初に借りた土地が元陸田であったため、水はけが悪く、肥料バランスも崩れた野菜の作りづらい土地でした。
そこで、プラソイラー(土壌構造改善農機)で耕盤を破砕し、微生物豊富な堆肥や土壌分析に基づく施肥など3つの改善を行い、2年がかりで野菜作りに適した土壌へ改良しました。また、野菜のミネラルとアミノ酸含有量を充実させるため、魚粉や牡蠣殻、海藻等厳選した肥料を使っています。
病害虫防除についてもお話すると、有機栽培では化学農薬を全く使わないため、最初はとても苦労しました。1年目はボロボロでお叱りの言葉を受けることも多かったです。幸いなことに、つくばという土地柄、身近な存在の研究者や専門家の助言を受けながら総合的に病虫害を防ぐ体系を確立中です。
一つ例を上げると、天敵を利用した害虫防除の技術ですね。
当農場の特徴をもう一つ言うと、年間作付け回数を増やすため、育苗した苗を定植する方法で小松菜を作っている点です。年10作はいけますよ。
Q経歴が面白いですね。
農業をしようと決めたのは19歳の時。幼い頃から受験戦争の真っただ中で小学生の時には満員電車に乗って塾に通っていました。今思えば、きっと自然が恋しかったんでしょう(笑)
就農までの経緯を簡単にお話します。まず大学で農業経営学を学んだ後、大手外食チェーンに就職し農業部門の立上げをすることになりました。その時に機械の扱い方や土づくりなど農業生産に必要なノウハウを学び、茨城の農業者とも知り合いました。その後、金融業界に転職し、融資業務を通じて、金融や経営管理の知識を少し身に着けました。そして独立の自信がついた2015年に就農しました。
つくばで農業を始めた理由ですか?畑からちょっと車で走ったら最先端の研究機関があるところでしょうね。非常に将来性がある土地柄だと思います。
Q従業員への接し方や教育方法を教えてください。
仕事はとにかく早く終わらせるための工夫が大事。私も含め、従業員同士が効率の良い仕事の方法を見つけて共有し、教え合う職場が理想ですね。経営者自ら率先して大変な仕事に関わり、挑戦し続けることも大事。そうそう、私の経営方針や仕事の方法に対し従業員が文句や助言を言える環境をつくることが最も大事ですね。そういう意味で経営者と従業員は対等ですよ。
繰り返しになりますが、当農場は「有機農産物を適正価格で安定供給する」ことを第一に考えています。
難しいことですが、技術と経営のコミュニケーションをキッチリととることで、できないこともないと思います。そして、しっかりと稼いだ利益を、従業員に還元したいです。
お金が全てではないけれども、農業で給与をしっかり出せたら従業員の満足度も高くなるし、働きたい人も増えるでしょう。従業員の満足度が高い会社こそ、良い会社だと思います。
Q伏田さんの野菜が食べたくなりました!
ぜひ一度、農場に足を運んでください。その場で栄養たっぷりの小松菜をかじっていただければ。今後は量り売りも考えているんです。スーパーの袋詰めより、よっぽど良いと思いませんか?
“多様性を尊重する”とは、ふしちゃんファームが掲げる基本理念の一つ。
「有機野菜は多様性そのもの。だから、それを生み出す働き手もいろんなバックグラウンドを持った人がいて良い」そう語るふしちゃんファーム代表・伏田さんと共に働くスタッフの皆さんにインタビューをしました。
沼尻正夫さん 2015年10月入社
“生まれも育ちもつくば市手子生。経験と勘を活かした野菜づくり”
農地が広がるつくば市手子生(てごまる)の出身。実家の畑では旬の作物が豊かに実り、農ある暮らしが身近にありました。
ライフワークとして20年以上続けている野菜づくりで培った経験を活かし、63歳の時に入社。虫や病気がなく、味も形も良い野菜が収穫できたときの感動は何にも変えられない悦びです。
水はけや土壌の特性など、この地ならではの栽培環境を知る経験と長年の勘を頼りに、有機野菜づくりを支えていきたいと思います。
保科友子さん 2015年9月入社
“第二の人生で巡り合ったのは、緑に囲まれた場所”
生まれ育った手子生で長いこと飲食店を営み、数年前に世代交代。
第二の人生を思案していた頃、縁あってふしちゃんファームに声をかけてもらいました。今まで農業経験はゼロ。
伏田さんの指導のおかげで仕事を覚え、気づけば一番の古株に。収穫目標の更新を目指し、作物に囲まれた今の生活を愉しんでいます。
土づくりにこだわり、科学的根拠に基づいて栽培される野菜は、おいしい上に安心。今ではここの野菜以外食べられません。
高橋正和さん 2018年3月入社
“この人のために働きたい。人生を変えた出会い”
大学卒業後、数社での社会人経験を経て農業の世界へ。
伏田さんが目指す有機農業の未来と多様性を尊重する人間性に魅了され入社を志願。定植から出荷まで、任されるすべての業務にやりがいを感じています。
商品の先にいる人の存在を忘れず、より良いものを生み出す気概とチャレンジ精神をもって励みたいです。
将来的には、事業拡大を視野に東奔西走する社長に代わって現場を仕切れるよう、一日でも早く一人前になることが目標です。
伏田有加さん
“前向きに楽しく、つくばで未来を作っています”
主人の就農を機にスタートした農業に抵抗はありません。
イメージしたのは干芋農家の祖母の存在。幼少時に感じた健やかで心地のよい暮らしでした。確かに作業は重労働。天候はもとより有機ならではの病害虫の防除に一喜一憂することも。
しかし「大変」ではありません。娘をおぶりながらの水やりも楽しい思い出の一つ。その手間で育つ「かけがえのないもの」に私たちは支えられています。
農業の未来を見据え勉強熱心な主人の下、安定の経営を見守りながら信頼の野菜を送り出していきます。
↑Top↑